So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな感じ(自称「半農半活動」)で生息しています。
① 可能な限り自給自足(とりあえず家庭菜園と年収100万円程度の生活)
② ①以外の時間を、社会問題の解決に充てる(取り組む問題は何でもあり)
半農半X とBライフにインスパイアされました。

死なない以上は、子孫と環境に負の遺産を残さないように生きれればと考えています。
単身で気楽に生活、ピンピンコロリでフェードアウト!が理想です。
詳しくは、公式ブログ見てください。よろしくm(._.)m
あと活動に関しては、2014年度以降はこちらへ→活動版

コメントいただければ、かならずお返事いたします(^^)
ネット環境のない場所を放浪していたりで、お返事に2~3日かかることもあります<(_ _)>

チャドクガ椿ついに剪定(ノ_-。) [家庭菜園]

IMG_20170623_144744.jpg
↑チャドクガに葉を食い尽くされた椿


IMG_20170420_164920.jpg
↑在りし日の椿

5月の記事で報告しましたが、庭の椿がチャドクガにやられました(T△T)
そして庭で作業していた私もチャドクガの毒でかゆいかゆい状態に…
皮膚科でもらった塗り薬のおかげで2週間ほどで完治しましたが、抜本的な対策はやらずじまい。
同居人のばたおさんにチャドクガ駆除の手伝いを依頼するも既読スルーされて、気が付いたら上記写真のように椿は丸裸になっていました; ̄ロ ̄)!!

この醜態を放置するのはご近所の手前不味いので、
抜本的に剪定することを決意\(^▽^)/
IMG_20170623_144734.jpg
↑別の椿もこんなふうに。

「チャドクガについてのQ&A」(世田谷区HP)を参考にやってみることに。
IMG_20170623_163839.jpg
↑フル装備のわたし
頭部は麦わら帽子にマスク
首の部分もウィンドブレーカーの襟でガード
上半身は長袖シャツの上にさらにウィンドブレーカー
手は軍手にさらにゴム手袋を着用
下半身は厚手のジーパンにハイソックス

原発作業員ほどでありませんが30度近い気温のなか重装備で挑みました。

作業自体は単純で、細い枝は剪定バサミ、太い枝はノコギリで切るだけ。
ゴミ袋に詰めやすいよう出来るだけ細かく切り刻みました。
3時間ほどで作業は終了('-'*)フフ
IMG_20170623_164242.jpg
↑丸裸の椿その1

IMG_20170623_164250.jpg
↑丸裸の椿その2


剪定枝は厚手のビニル袋(45リットル)に二重に詰めて、ごみ収集の方に被害が及ばぬように配慮しました。
IMG_20170623_164311.jpg
↑チャドクガ椿の剪定枝

最後に、作業に使用した衣類は暑い湯で消毒してから洗濯しました。
IMG_20170623_165759.jpg
↑風呂桶に暑い湯を貯めて作業衣類を消毒

これにて一件落着と思ったら二日後ぐらいから、体のあちこちに赤いぶつぶつができて猛烈なかゆみがw(☆o◎)wガーン
やっぱりやられてしまいました。
この前病院でもらった薬を塗るものの、3日ほどはかゆみで夜に何度も目を覚ます羽目に。
チャドクガ恐るべしですが、庭にはあと3本椿があるのです。
こちらの処理はこれからなので、何とも気が重い今日この頃です|;-_-|=3 フゥ
ばたおさんがやってくれないかなあ。

nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 8

ちょうそう

  椿の剪定、大変お疲れ様でした。茶毒蛾はかなり厄介な害虫なんですね、汗。痒みが小さな範囲で済む程度に、少しずつ気長に剪定するのも一つの方法だと思いましたが、いかがでしょうか?

  私の庭ではブルーベリーや柿の木にイラガの幼虫が大量発生することがありますが、基本的に幼虫に触れない限り、針が刺さることはありません。それでも、全て駆除するまでに何回か刺されてしまいますが、汗。刺された痛みも基本的に当日で治まります。

  茶毒蛾は幼虫本体以外にも脱皮した皮などに毒針毛が残ったり、服にも付いてなかなか取れないなど、イラガよりも対応が大変なんですね。私の庭にも鉢植えの椿があるので、気を付けたいと思います。

  私も、漆塗りの講習会に参加して、数週間酷い痒みに襲われたことがあります。一週間位で治るとタカをくくっていたら、ますます痒みが酷くなって、hnhkさんと同じく、真夜中に痒みで起きてしまうくらいだったので、皮膚科に行って薬を処方してもらいました。早く痒みが治まるといいですね。お大事にして下さい。


   ところで、秘密のケンミンショーという番組で、大阪の人は、先輩や上司、さらに経営者まで、目下の人がいじる(からかう?)とのことですが、事実なのでしょうか?事実なら上下関係がゆるくて、おおらかでいいなぁと思います。
  私は、中部から関東の範囲で生活していましたが、目上の人をからかう、というのはよほど仲のいい関係でないと出来ないことですね。ましてや学生時代の部活なんかでは、上下関係がかなり厳しくて考えられませんでした。
by ちょうそう (2017-07-02 17:31) 

majyo

いつも活動お疲れ様です。暑いですから気をつけて!
チャドクガですが名前は知っていますが、どうも強力なようですね。
この暑い中完全装備でお疲れ様でした。
しかし、やはりやられていたとは(@_@;)
恐るべしですね。
これからの季節虫が発生します。なぜか目のふちをやられます。
お岩さんになりますよ。気をつけなくては
残りはばたおさんお願いしましょう
by majyo (2017-07-02 17:50) 

すずき はなこ

お疲れさまでした。
殺虫剤を撒くか、消毒してからではダメなんでしょうか。うちでは、もともと薬は使いませんが、そこまでひどくなると考えものです。

今度、ばたおさんと相談しましょう。
噴霧器も薬品も、あると思います。
お気をつけて。
お大事に。
by すずき はなこ (2017-07-02 19:01) 

hnhk

ちょうそう さん

漆も辛そうです。
葉をちょっと千切っただけでかぶれたりしますものね。

先輩、上司をいじるですか。そう言われればあるような気がしますが、私自身はコミュ障に近い方なのでとても出来ないです。

やはり、大阪人と言えども、目上をいじってお咎めなしというのは、かなりのセンスが要求されると思います。
by hnhk (2017-07-02 21:17) 

hnhk

majyo さん

職場のマンションの公園の桜は、毎年チャドクガ対策で薬剤散布をしています。
ですので、その存在は知っていましたが、まさか自分の住むところが被害に会うとは思いもしませんでした。

目の縁をやられるのは大変そうですね。
私の被害はほぼ首から下だったので、痒いのさえ我慢すれば傍目には気づかれませんが、目だとそうはいきませんものね。
今年は被害に合わなければ良いですね!
by hnhk (2017-07-02 21:27) 

hnhk

すずき はなこ さん

葉が完全になくなって虫の痕跡も見られず大雨も降ったので、毒はなくなっただろうと思ったのですが、甘かったです。

ちなみに、ばたおさんは無傷です。庭にほとんど出ないためか、もしかしたらチャドクガに耐性があるかもです。

とにかく、残りの椿はばたおさんに「大活躍」してもらおうと思います!
by hnhk (2017-07-02 21:31) 

ちょうそう

  目上いじりの現実を教えて下さりありがとうございます。やっぱり、大多数の大阪の方が目上をいじるというのは誇張になるんですね。

  テレビ番組が番組を盛り上げるためにコミュ力の高い大阪の方の中でも、目上の人をいじっても反感を持たれないレベルのコミュ力53万の人だけを選んで放映しているようですね!?

by ちょうそう (2017-07-03 18:26) 

hnhk

ちょうそう さん

上司に部下が総ツッコミは誇張かもしれません。

でも、他県人を目の前にするといかにも大阪人を演じてしまうのは否めません。
by hnhk (2017-07-03 20:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0