So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな感じ(自称「半農半活動」)で生息しています。
① 可能な限り自給自足(とりあえず家庭菜園と年収100万円程度の生活)
② ①以外の時間を、社会問題の解決に充てる(取り組む問題は何でもあり)
半農半X とBライフにインスパイアされました。

死なない以上は、子孫と環境に負の遺産を残さないように生きれればと考えています。
単身で気楽に生活、ピンピンコロリでフェードアウト!が理想です。
詳しくは、公式ブログ見てください。よろしくm(._.)m
あと活動に関しては、2014年度以降はこちらへ→活動版

コメントいただければ、かならずお返事いたします(^^)
ネット環境のない場所を放浪していたりで、お返事に2~3日かかることもあります<(_ _)>

年収100万円生活への個人史 ブログトップ

半農半活動への道のり-年収100万・週休4日以上 自由を求めてギリギリの選択-③ [年収100万円生活への個人史]

今日も朝日が昇る。夕陽の方が好きだけど…←本文とは特に関係ありません(出勤途中で撮影・6:45AM頃)

こりずに前回の続きです。

再び非正規雇用の身となり、これからどうしようかと考えました。
選択肢は2つ。
①老後のことも考えて、週休1~1.5日で働いて何とか年収200万円前後を確保
②先のことはあきらめて週休3~4日で働いて何とか年収100万円前後を確保
※①②どちらも、非正規雇用を想定。①の場合は、ダブルワークで合計9時間労働@日ぐらいかと。

①だと、一定の生活の安定はあるものの、上手く行っても一生週休1~1.5日で働くだけ。
②だと、3年先の見通しも立たないが、週3~4日は活動が出来そう。

⇒結論としては、人間いつ死ぬか分からないし、今のところ扶養家族もいないので、②を選択することにしました。

続きを読む


半農半活動への道のり-初の正規雇用が最後の正規雇用に-② [年収100万円生活への個人史]

高速道路下の田んぼ(刈入れも近い?)←出勤途中で撮影した田んぼ(6:50AM頃)

さて、前回の続き。
大学卒業以降どうしていたかというと、ずっと非正規雇用で働いていました。

いちおう、卒業時に、活動と両立しやすい職を探してみたのですが、目ぼしいところは全部不合格!週休2日で有給もあって、安定雇用なんて難しいに決まってますよね。

卒業後、かなり長い間、非正規で働いてきたのですが、やはり、正社員との給与・待遇の格差に嫌気がさしたのと、将来の生活に不安を感じ、正規雇用を目指すことにしました。

正規雇用を目指したもう一つの大きな理由は、第一印象の問題でしょうか。
初対面の方に、自己紹介するときに、「定職についていません」とは言いづらいものがありましたね。
学生の頃なら、「○○大学の学生です」で済むんでしょうが、社会人とみなされる年齢になるとそうもいかないです。

活動初心者の方に、30代で非正規雇用という自己紹介をすると、印象も今一つ。
結果として、私とともに活動しようという気を相手に起こさせるのは難しいと思いました。

続きを読む


半農半活動への道のり-早期リタイアを目指すも…-① [年収100万円生活への個人史]

島で海に囲まれてくらしたいな♪ここで、半農半活動に到達するまでの七転八倒(七転び八起きじゃないです)を振り返ってみたいと思います。

ブログを読んでくれている方はお気づきだと思いますが、私はいわゆる活動家のはしくれです。
10代から活動を始めましたが、その当初は学生でした。
活動を始めてしばらくすると、大学卒業に全く意味を見出せなくなり、中退して公務員になることを考えました。公務員受験講座のパンフレットも請求したなあヽ( ´ー`)ノフッ
とにかく貯金して、ある程度貯まったら仕事を辞めて、利息収入だけで暮らしながら活動に専念しようと計画しました。

毎年平均して200万円貯蓄し、25年経てば5,000万円。月の生活費を10万円程度に抑え、結婚せずマイホームの購入等もしなければ、さして無理のない金額です。
で、当時(バブル崩壊少し後)は、金利(定期預金)が3%はあったので、5,000万円あれば毎年150万円の利息は見込めました。
参考:http://www.boj.or.jp/statistics/outline/note/notest2.htm/#p06
計画通りに行けば、40代半ばで金利生活レッツゴー♪です(今、金利は大口定期でも相場は0.1%弱(涙)!)

小学生の頃、将来は1億円貯めたら退職し、瀬戸内海の小島で晴耕雨読の生活をしたいと考えていましたが、その“晴耕雨読”が活動になったわけです。

ところが、大学での活動が楽しかったので、中退→就職→リタイア→活動専念のライフプランは吹っ飛んでしまいました。
大学は、活動するためだけに通っていました。なので、専門書は一冊も読破することなく卒業しました(^▽^)/

-つづく(かも)


年収100万円生活への個人史 ブログトップ